今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

オフコート

世界女王バーティがシーズン終了。WTAファイナルズ欠場へ

2021.10.24|07:00|投稿者: THE TENNIS DAILY
世界女王バーティがシーズン終了。WTAファイナルズ欠場へ

世界女王のアシュリー・バーティ(オーストラリア)がシーズン終了を発表した。英スポーツメディア Sky Sportsほか多くのメディアが報じている。

バーティは今季「ウィンブルドン」をはじめとした5つの大会で優勝。その好成績を受けて、世界トップ8の選手だけが招かれるシーズン最終戦、「WTAファイナルズ」への出場権を早々に獲得していた。しかし、9月に「全米オープン」で3回戦敗退に終わったのを最後に、1ヶ月以上試合に出ていなかった。


「全米オープン」の後でオーストラリアに帰国していたバーティがこの度、声明を発表。シーズンを終え、連覇が懸かる「WTAファイナルズ」でもプレーしないことを明かした。


「2021年シーズンはもう大会に出場しないわ。メキシコで行われるシーズン最終戦も含めてね。難しい決断だったけど、今シーズンに溜まった疲労からの回復を優先することが必要なの。そしてオーストラリアで始まる新シーズンに集中することもね。(海外から)故郷のクイーンズランド州へ戻る度に隔離生活が必要なので、1月の準備においては妥協したくないの。今はオーストラリアの夏に向けて集中し、“全豪オープン”で優勝するために何でもやるつもりよ。ホームでプレーするのが待ちきれないわ」


バーティの母国オーストラリアでは、新型コロナウイルスに対して今も厳しい制限を設けており、入国の際に2週間の隔離生活を送らなければならない。そのため、11月10日から17日にかけて行われる「WTAファイナルズ」に参加すれば、来年1月17日開幕の「全豪オープン」にも影響をきたすかもしれないと見られていた。練習面だけでなく、十分にリフレッシュする時間が取れなくなるからだ。


先月、バーティのコーチは彼女が「心身ともに疲弊している」と発言。さらに新型コロナの影響でシーズン最終戦の開催地が中国の深セン市からメキシコのグアダラハラに変更されたことなどを批判していたため、バーティの「WTAファイナルズ」欠場が噂されていた。


「全仏オープン」と「ウィンブルドン」で優勝しているバーティだが、母国開催の「全豪オープン」では2020年のベスト4が最高成績。今年は準々決勝で第25シードのカロリーナ・ムチョバ(チェコ)に逆転負けを喫した。万全の態勢で臨む来年、優勝することはできるだろうか。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのバーティ
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2021.10.24 07:00 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY