今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

Pro

「苦手な選手は錦織とマリー」人気者キリオスがファンに回答!犬猿の仲ジョコビッチとは「かくれんぼしたい」<SMASH>

2021.10.23|12:01|投稿者: スマッシュ編集部
「苦手な選手は錦織とマリー」人気者キリオスがファンに回答!犬猿の仲ジョコビッチとは「かくれんぼしたい」<SMASH>

 トリッキーなプレーと破天荒な性格で絶大な人気を誇る男子テニスのニック・キリオス(オーストラリア/世界ランク95位)が、自身のインスタグラムのストーリーでファンからの質問に回答。対戦するのが最も難しいと思う選手は誰? という問いに、「元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現172位)」と「錦織圭(49位)」の名前を挙げた。

 26歳のキリオスはプライベートでも親交の深いマリーと過去に6度対戦しているが、そのうちキリオスが勝利したのは2018年のクイーンズ・クラブ選手権の1度のみ。

 一方で錦織とは過去4度の対戦で0勝4敗といずれも敗れている。4度目の対戦となった2018年のウインブルドン3回戦では日没が間近に迫る中、錦織がわずか1時間37分でキリオスを退けたことは日本のファンの記憶にも新しい。

 また、自身が尊敬するロジャー・フェデラー(スイス/11位)についてファンから問われたキリオスは「彼こそがGOAT(史上最高の選手)だ」と断言。続けて「初めて会ったときには圧倒されたし、その後も常に他の選手にはないオーラを放ち続けている。フレンドリーな人でもあるね」とフェデラーを称賛した。ちなみにキリオスはフェデラーと初めて対戦した2015年のマドリード大会で勝利を挙げたが、その後は6連敗を喫している。
  実はキリオスはビッグ3(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ)に初対戦で勝利した珍しい記録を持つプレーヤーの1人だ。中でも世界王者のジョコビッチに対しては2勝0敗という成績を誇っており、それを引き合いに「犬猿の仲」としても知られるジョコビッチを揶揄することも多い。

 そこであるファンが「ノバク・ジョコビッチと無人島で一緒に閉じ込められたら何をしたい?」と質問。これに対してキリオスは「かくれんぼをしたいね」と謎のコメントを残したが、その真意は定かではない。

 そんなキリオスは9月末に出場した男子テニスの団体戦「レーバー・カップ」での記者会見で「母の健康状態が良くない」として2021年シーズン終了を発表し、近い将来での引退も示唆していた。今年7月のウインブルドン以降は計6試合でわずか1勝にとどまっていただけに、精神的にも辛い状況が続いているのかもしれない。まずは心身をしっかりとリフレッシュさせ、来シーズン開幕に向けて調整を進めてもらいたい。

文●中村光佑

【PHOTO】プレーの合間に垣間見えるキリオスらトッププロの素顔

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

スマッシュ編集部
2021.10.23 12:01 投稿者:
スマッシュ編集部
ニュースプロバイダー
日本で最も愛されているテニス雑誌。レベルアップのためのテクニックや、最新ギア、テニスにかかわる色々な情報を発信します!

» さらに読み込む スマッシュ編集部


OFFICIAL SNS:



関連記事

ウィークリーランキング

関連選手

ロジャー・フェデラー
スイス ロジャー・フェデラー ATP #16
ノバク・ジョコビッチ
セルビア ノバク・ジョコビッチ ATP #1
ラファエル・ナダル
スペイン ラファエル・ナダル ATP #6
錦織 圭
日本 錦織 圭 ATP #47
ニック・キリオス
オーストラリア ニック・キリオス ATP #93