今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

オフコート

クッキーも作る料理好きディミトロフ、テニス選手におなじみのあの食べ物だけはNG!

2021.10.15|07:00|投稿者: THE TENNIS DAILY
クッキーも作る料理好きディミトロフ、テニス選手におなじみのあの食べ物だけはNG!

「ATP1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/10月7日~10月17日/ハードコート)に出場する第23シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が、食をテーマにATP(男子プロテニス協会)とのインタビューに応じている。

2017年の「Nitto ATPファイナルズ」で優勝し、世界3位にまで到達したことのあるディミトロフは、食べるのも作るのも好きだと語る。


Q.今晩、自分や友人のために料理をするとしたら何を作りますか?
みんなで料理をしている時の雰囲気が好きなんだ。ほぼ毎晩のように友人や仲間と一緒に料理をしているよ。バーベキューをすることが多いんだけど、僕はその中でもステーキをうまく焼くことに凝っていて、この時間を楽しんでいる。


みんなで集まって一緒に何かをするのがすごく好きなんだ。いろいろな種類のサラダを作ったりと、普段から新しいことを試しているよ。大会中はほぼ毎日パスタを食べているから、その辺はマスターしているつもりだよ。僕はニョッキが大好物で、すごく良いレシピを見つけたんだ。機会があれば少しでも料理を楽しみたいと思っている。


Q.料理の腕を上げることは楽しいですか?
焼き菓子をもっとうまく作れるようになりたい。問題は、いつも時間がないことだね。そこがネックなんだ。時間ができたらこのジャンルを極めたい。チョコチップクッキーは結構うまく作れるんだ。ほかにもやってみたいことがあるけど、まだ手をつけられていない。


Q.プロのアスリートとはいえ、シーズンオフには少なくとも短期間でも食事面で我慢せずに済むのでは?
数日だったとしても、自由に食事をするのは大事なことだと思っているよ。チートデーは必要だね。いつ何を食べるかについて考え過ぎないのは良いことだ。僕はジャンクフードもそこまで好きじゃなくて、普段から健康的な食生活を送っている。もちろん時々スナック菓子やグミなんかも食べるし、例えば今いるカリフォルニアには(ハンバーガーのチェーン店である)In-N-Out Burgerがあるから、チートデーには食べるよ。そういうのは欠かせないね。


Q.In-N-Out Burgerで注文するのは?
ダブルダブルバーカーを2つとチーズバーガーを1つ、フライドポテトのLサイズとチョコレートシェイクだね。


Q.若い頃は食生活をコントロールするまでに時間がかかったと思いますが、今それを経験している後輩たちや、誘惑に打ち勝ちたいファンのみなさんに、何かアドバイスは?
僕たちは日常的に誘惑に囲まれている。僕はいつもシンプルに捉えるようにしているんだ。ブルガリアではとてもシンプルな食事で育った。新鮮な食材が手に入る農場が近くにあって、鶏でも魚でも何でも好き嫌いなく食べていたよ。


特にプロのアスリートや、食生活のリズムを整えたりダイエットをしようとしている人は、「自分は何が食べられるのか」に集中することがとても大切だと思うよ。例えば、血液検査をしてみて、自分がどんな食べ物に耐性がないのか、どんな食べ物をうまく消化できて、うまく消化できないものは何なのかがわかったとする。そうすれば、何をどのように食べればいいのかについて大まかな目安ができて、一週間の献立を自分で組み立てることができるんだ。それを試しながらところどころ調整して、自分が好きなものも加えて、厳しくなり過ぎないようにする。そんなに複雑なことではないよ。


Q.大会中はより厳しい食生活をしていると思いますが、たまにはクッキーなども食べますか?
もちろんさ!でも、どうしても食べたいというほどではないかな。もちろん、4週間、5週間と続けて一日中、自分に厳しくしているわけだから、夜になって「ああ、チョコレートが一口食べたい」と思ったら食べればいい。チョコレート一切れを食べたところで何も起こりはしないさ。こういう欲望と戦おうとすると精神的にすごく疲れる。だから戦う必要はないんだ。十分頑張っているんだから、気分が良くなるちょっとしたご褒美があってもいいんじゃないかな。


Q.これまでに食べた最高の食事、あるいは最高のレストランは?
レストランに行くのは好きだからたくさんあるね。でも母の料理が僕にとっては一番かもしれない。お腹が空いていなくても、母が作ってくれるとお腹が空いてくるんだ。それが僕にとっての基準になっていると言ってもいい。あとは行く先々でいろいろなレストランに行ってみたいから、いつも大会前に行くようにしているよ。余裕を持って楽しんでから、普段のルーティンに戻るんだ。


Q.嫌いな食べ物はありますか?
バナナが食べられない。あれだけは耐えられないね。フルーツでほかに嫌いなのはないけど、バナナだけはどうしてもダメなんだ。


Q.テニスコートでバナナを食べる選手が多い中、バナナが苦手なら代わりに何を食べるのですか?
エネルギーゼリーとかエナジーバー、リンゴとかかな。でもバナナだけは絶対に食べないね。


食生活について熱く、そして気さくに語ってくれたディミトロフは、「ATP1000 インディアンウェルズ」の練習中にもファンに粋な計らいを見せた。快晴の中、ディミトロフの滑らかな片手バックハンドを一目見ようとコートサイドに立っていた女性のファンが、「あなたのおかげでとても素敵な一日になったわ!」と声をかけた。するとディミトロフは、そのファンに向かって笑顔で「それは嬉しいな。僕もあなたのおかげで素敵な一日になったよ」と返したのだ。


ディミトロフは4回戦で第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を撃破し、準々決勝へ勝ち進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「全仏オープン」でのディミトロフ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2021.10.15 07:00 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY