今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

Pro

一時離脱中の大坂なおみの今後はどうなる?実は珍しくない、過去にテニス界を一時期離れた天才少女たち<SMASH>

2021.10.12|19:00|投稿者: スマッシュ編集部
一時離脱中の大坂なおみの今後はどうなる?実は珍しくない、過去にテニス界を一時期離れた天才少女たち<SMASH>

「本日は“世界メンタルヘルスデー”なので、私が得た3回戦の賞金を、メンタルヘルスをサポートする非営利団体に寄付します」

 BNPパリバオープン3回戦後の会見で、イガ・シフィオンテクは、いくぶん緊張した面持ちで宣言した。

「こういうことは慣れてないので、緊張しちゃって」と照れ臭そうに打ち明ける昨年の全仏オープン優勝者は、若くして精神面の強化や安定の重要性を理解し、スポーツ心理学者をチームスタッフに加えたことでも知られている。そのシフィオンテクが、「メンタルヘルスへの理解や正しい知識を普及する」ために定められた日に、自ら行動を起こしその重要性を喚起した。

 テニスの世界で「メンタルヘルス」の言葉が注目され始めたのは、今年5月。大坂なおみが、全仏オープンで会見を拒否し、「アスリートのメンタルヘルスへの配慮が足りない」と訴えた時だった。その数日後には、自身が引き起こした騒動を鎮静化させるための「最良の策」として、大会からの棄権を表明。その際に、2018年の全米オープン優勝の後、うつ状態に陥ったことも明かしている。
  以降、複数の選手が様々な形で、「心の健康」にまつわる自身の経験を明かしたり、問題提起を行なってきた。

 ビーナス・ウィリアムズはこの夏、WTAおよびNPOと提携し、助けを必要としている人々へのセラピー代として200万ドルを提供する基金を立ち上げる。今回、シフィオンテクが賞金の寄付を思いついたのも、尊敬するビーナスのアクションに触発されたからだと言った。

 今夏の全米オープン2回戦で敗れた後、大坂は会見で涙を流し、「次の公式戦がいつになるかわからない。しばらく、テニスから離れようと思っている」と言葉を絞り出した。実際に、現在開催中のBNPパリバオープンも欠場し、今季はこのままコートに戻らぬ可能性が高い。

 当時世界2位の23歳が取った行動は、大きな衝撃として世界に報じられた。ただ女子テニス界の歴史を振り返れば、これは何も大坂のみに起きた特異なことでもない。
  16歳で世界1位に君臨し、累計で209週にわたりその地位に座したマルチナ・ヒンギスが一度目の引退を表明した時、彼女は22歳だった。天才少女の名を欲しいままにしたヒンギスだが、20歳の頃から1~2歳年少のウィリアムズ姉妹に敗れることが増え、「世代交代」とまでささやかれた。慢性的な足首の痛みにも悩まされ、コートを離れる時間も長くなる。

「私はテニス以外にもやりたいことがある。勉強もしたいし、乗馬も楽しみたい。テニスは苦痛になり、わたしは、楽しくないテニスはやりたくない」

 当時ヒンギスは、フランスの『レキップ』紙などにそう語っている。早すぎる元女王の引退に、「燃え尽き症候群」の言葉も飛び交った。

 ちなみに、14歳以下のプロ競技会への参加禁止などを定めた“年齢規制”が施行されたのが、1995年。1980年生まれのヒンギスは、このルールが適応されない最後の世代だと言える。
  引退時には「ツアーに戻ることはないと思う」と言っていたヒンギスだが、実際には2年後に復帰し、2017年の“最終引退”まで単複でファンを魅了したことは、人々の記憶に新しいだろう。引退後も後進の育成に従事し、依然、テニスへの愛情と情熱は失っていない。

 ヒンギス以降で、“天才少女”と呼ばれた選手といえば、現世界1位のアシュリー・バーティーの名が真っ先に挙がる。幼少期から地元では注目の存在だったバーティーは、15歳でウインブルドンジュニアを制したことで、その名を世界に知らしめた。とりわけ、テニス大国を自負する母国オーストラリアでの期待は高く、その事実は、15歳で全豪オープン本戦ワイルドカードを与えられたことにも表れているだろう。

 実際に彼女は、16歳時に全豪オープンダブルスで準優勝し、天才と称される才能を証明した。だがプレッシャーからか、シングルスでは、望まれた結果は得られなかったのだろう。

「無期限で、テニスから離れます」。そう表明した時、彼女はまだ18歳だった。
 「旅ばかりで家族や友人とも会えず、精神的に限界だった」。約2年後にツアーに復帰した時、彼女はテニスから離れた理由を、そう明かす。“半引退”期間はクリケットのプロチームでプレーし、家族との時間も楽しんだ。

 そんな彼女が復帰を決意したのは、長くダブルスを組んでいたケーシー・デラクアのホームパーティに招かれ、「そのついで」に、近くのコートでボールを打った時だったという。

「私がいかにテニスが好きか、そしてツアーで知り合った人たちに、また会いたいと思っていたかを知った」

 かくして、大人になったかつての天才少女は、復帰の2年後に全仏オープンを制する。銀杯と並び出席した優勝会見では、「過去の経験を経て、自分に必要なものを選ぶ判断力や、順路を決める計画力を得た」と言った。
 「テニスから離れる」と公言した大坂の「しばらく」が、どれくらいの期間なのかは、わからない。ただ、成熟しきっているとは言えない心を抱え戦うテニス選手たちが、若くして一時的に競技を離れることは、珍しくない。仲間の選手たちが、メンタルヘルスへの理解を呼びかける昨今の風潮にあっては、そのような選択も一層受け入れられやすいだろう。

 そして一度は離れた選手も、より強くなり戻ってくるケースが少なくないのも、またしかりだ。
 
文●内田暁

【PHOTO】全米オープン2021で躍動する大坂なおみ!

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

スマッシュ編集部
2021.10.12 19:00 投稿者:
スマッシュ編集部
ニュースプロバイダー
日本で最も愛されているテニス雑誌。レベルアップのためのテクニックや、最新ギア、テニスにかかわる色々な情報を発信します!

» さらに読み込む スマッシュ編集部


OFFICIAL SNS:



関連記事

ウィークリーランキング

関連選手

イガ・スウィアテク
ポーランド イガ・スウィアテク WTA #11
大坂 なおみ
日本 大坂 なおみ WTA #10
アシュリー・バーティ
オーストラリア アシュリー・バーティ WTA #1