今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

Pro

キリオス、敗戦後に引退示唆!? 欧州選抜が4連覇に王手[レーバー・カップ]

2021.09.26|19:00|投稿者: THE TENNIS DAILY
キリオス、敗戦後に引退示唆!? 欧州選抜が4連覇に王手[レーバー・カップ]

現地25日、男子トップ選手たちによる団体戦「レーバー・カップ」(アメリカ・ボストン/9月24日~26日/室内ハードコート)大会2日目の4試合が行われ、3連覇中のチーム・ヨーロッパ(欧州選抜)が4連勝でトータルポイント11-1としている。

怪我で欠場したロジャー・フェデラー(スイス)が前日に続いてスタンドに登場。今回は元世界王者のアンディ・ロディック(アメリカ)や元世界4位のメアリー ジョー・フェルナンデス(アメリカ)と一緒に観戦する中、この日もシングルス3試合でチーム・ヨーロッパが3連勝。ステファノス・チチパス(ギリシャ)がニック・キリオス(オーストラリア)を、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がジョン・イズナー(アメリカ)を、ダニール・メドベージェフ(ロシア)がデニス・シャポバロフ(カナダ)を下した。


キリオスはチチパスに2連勝中だったが、この日は第2セットで得た6度のブレークチャンスを生かせずにストレート負け。その試合後、キリオスは「この先どのくらいテニス界に身を置くかわからない。とりあえず今季はこれが最後で、これから(来季の)“全豪オープン”に向けて準備するよ。母親の具合が悪いから、会いに行きたいんだ。コートに立っている時は全力を尽くすつもりだけど、これから4年、5年先もツアーを周るつもりだなんて噓を言う気はない」などと語った。現在26歳のキリオスは以前、28歳になったら引退する意向を示している。


また、ズベレフはイズナーに対しては7勝2敗と勝ち越しているものの、最後に対戦した2019年の「レーバー・カップ」では敗れていた。そんな相手に競り勝つことができたわけだが、その過程ではあることに戸惑ったと回想。「レーバー・カップ」ではチームメイトからアドバイスがもらえる点も特徴の一つだが、ズベレフは「チームのみんなはリターンに対して引け、と言っていたけど、僕の背後の席に座っていたロジャーは、リターンの時に前に出ろと言うんだ。だから混乱してしまった。ベンチにいる8人と、グランドスラムで20回優勝した相手のどちらの言うことを聞くべきか、わからなくてね」と苦笑する。


シングルスでチーム最後の登場となったメドベージェフは、「シングルスでチームのみんなが勝っていたから、もし自分だけ負けたらどうしようと思って、コートに立つのがちょっとストレスだった」そうだが、それを感じさせないような盤石のプレーを披露。「全米オープン」優勝後、ほとんど練習していなかったにもかかわらず、第1セット途中から9ゲーム連取し、一気に試合を決めた。


そして、1日目はチーム・ワールド(世界選抜)が一矢報いたダブルスでも、この日はチーム・ヨーロッパの勢いが止まらず。アンドレイ・ルブレフ(ロシア)/チチパス組がイズナー/キリオス組に6-7(8)、6-3、[10-4]と逆転勝利。「東京オリンピック」の混合ダブルスで金メダルに輝いたルブレフが活躍した。


この日の4連勝によってチーム・ヨーロッパが8ポイントを加算し、トータルポイントは11-1に。最終日は一勝が3ポイントとなるため、数字上はまだチーム・ワールドの逆転優勝もあり得るが、チーム・ヨーロッパは最終日の4試合で1勝挙げれば4連覇が確定する。


なお、最終日はこの2日間と違ってダブルスからスタート。カードはすでに発表されており、最初にルブレフ/ズベレフ組とライリー・オペルカ(アメリカ)/シャポバロフ組が激突。その後は、シングルスでズベレフとフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、メドベージェフとディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、チチパスとイズナーが顔を合わせる。


◇   ◇   ◇


【レーバー・カップのルール】
「レーバー・カップ」は、青いウェアの「チーム・ヨーロッパ」(欧州選抜)と赤いウェアの「チーム・ワールド」(世界選抜)の2チームに分かれてのチーム対抗戦。大会初日は一試合勝利で1ポイント、2日目は2ポイント、最終3日目は3ポイントを獲得するルール。3日間で計12試合(各日シングルス3試合・ダブルス1試合)を行い、13ポイント以上積み重ねたチームが勝利となる。(もし計12試合でトータルポイント12-12のイーブンとなった場合、ダブルス1試合を追加で行って勝敗を決する)


【レーバー・カップ 2日目の試合結果】
◆トータルポイント
「チーム・ヨーロッパ」11-1「チーム・ワールド」


※左:「チーム・ヨーロッパ」、右「チーム・ワールド」


第1試合(シングルス)
〇ステファノス・チチパス(ギリシャ) 6-3 6-4 ●ニック・キリオス(オーストラリア)


第2試合(シングルス)
〇アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 7-6(5) 6-7(6) [10-5] ●ジョン・イズナー(アメリカ)


第3試合(シングルス)
〇ダニール・メドベージェフ(ロシア) 6-4 6-0 ●デニス・シャポバロフ(カナダ)


第4試合(ダブルス)
〇アンドレイ・ルブレフ(ロシア)/ステファノス・チチパス(ギリシャ) 6-7(8) 6-3 [10-4] ●ジョン・イズナー(アメリカ)/ニック・キリオス(オーストラリア)


【レーバー・カップ 両チームのメンバー】
◆「チーム・ヨーロッパ」
キャプテン:ビヨン・ボルグ(スウェーデン)
ダニール・メドベージェフ(ロシア)
ステファノス・チチパス(ギリシャ)
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
アンドレイ・ルブレフ(ロシア)
マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)
キャスパー・ルード(ノルウェー)
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)※控えの選手


◆「チーム・ワールド」
キャプテン:ジョン・マッケンロー(アメリカ)
フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)
デニス・シャポバロフ(カナダ)
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
ライリー・オペルカ(アメリカ)
ジョン・イズナー(アメリカ)
ニック・キリオス(オーストラリア)
ジャック・ソック(アメリカ)※控えの選手


(テニスデイリー編集部)


※写真は「レーバー・カップ」でのチチパス(左)とルブレフ(右)
(Photo by Carmen Mandato/Getty Images for Laver Cup)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2021.09.26 19:00 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY


OFFICIAL SNS:



関連記事

ウィークリーランキング

関連選手

ロジャー・フェデラー
スイス ロジャー・フェデラー ATP #15
ジャック・ソック
米国 ジャック・ソック ATP #152
ダニール・メドベージェフ
ロシア ダニール・メドベージェフ ATP #2
Diego・Schwartzman
アルゼンチン Diego・Schwartzman ATP #16
アレクサンダー・ズベレフ
ドイツ アレクサンダー・ズベレフ ATP #4
アンドレイ・ラブレフ
ロシア アンドレイ・ラブレフ ATP #6
カスパー・ルード
ノルウェー カスパー・ルード ATP #8
フェリシアーノ・ロペス
スペイン フェリシアーノ・ロペス ATP #109
マッテオ・ベレッティーニ
イタリア マッテオ・ベレッティーニ ATP #7
ジョン・イスナー
米国 ジョン・イスナー ATP #26
レイリー・オペルカ
米国 レイリー・オペルカ ATP #27
フェリックス・オジェ アリアシム
カナダ フェリックス・オジェ アリアシム ATP #12
ニック・キリオス
オーストラリア ニック・キリオス ATP #91
デニス・シャポワロフ
カナダ デニス・シャポワロフ ATP #13
ステファノス・チチパス
ギリシャ ステファノス・チチパス ATP #3