今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

Pro

青山修子/柴原瑛菜の「青柴ペア」がシーズン最終戦出場決定の快挙!

2021.09.22|08:00|投稿者: THE TENNIS DAILY
青山修子/柴原瑛菜の「青柴ペア」がシーズン最終戦出場決定の快挙!

今年の女子のシーズン最終戦「WTAファイナルズ」は、11月8日の週にメキシコのグアダラハラで開催されることが先日発表されたが、シングルスのトップ8選手、ダブルスのトップ8組しか出場できないこの栄誉ある大会に、青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアの出場が決まった。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが報じた。

今回ファイナルズへの出場決定が発表されたのは、シングルスでは今年獲得したポイントだけで争われる最終戦出場権レースでトップの世界女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)、2位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、3位で今年の全仏女王バーボラ・クレイチコバ(チェコ)の3人。


ダブルスでは、今年ペアとして獲得したポイントのレースで1位、「東京オリンピック」金メダリストであるクレイチコバとカテリーナ・シニアコバ(チェコ)、そして堂々2位につけている青柴ペアだ。


青柴ペアはこれが最終戦初出場。日本人女子選手が最終戦にダブルスで出場するのは、2008年に杉山愛さんがカタリナ・スレボトニク(スロベニア)と組んで出場して以来13年ぶりだ。青柴ペアは今季ここまでツアー最多の5大会で優勝。シーズン最初のアブダビとメルボルンで2大会連続優勝すると、3月末から始まった「WTA1000 マイアミ」でキャリア最大のタイトルを獲得。その後、イーストボーンとクリーブランドの大会も制した。グランドスラムでは「全豪オープン」でベスト8、「ウィンブルドン」ではキャリア最高のベスト4に進出している。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTA250 クリーブランド」での柴原(左)と青山
(Photo by Lauren Bacho/Getty Images)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2021.09.22 08:00 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY