今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

Pro

18歳でツアー2度目の優勝を遂げたトーザンは元祖ラドゥカヌ?

2021.09.22|07:00|投稿者: THE TENNIS DAILY
18歳でツアー2度目の優勝を遂げたトーザンは元祖ラドゥカヌ?

「全米オープン」で大注目を浴びたエマ・ラドゥカヌ(イギリス)やレイラ・フェルナンデス(カナダ)と同じ2002年生まれのクララ・トーザン(デンマーク)が、先週「WTA250 ルクセンブルク」でツアー2度目の優勝を飾った。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが報じた。

ノーシードだったトーザンは、決勝で第3シードの前回覇者エレナ・オスタベンコ(ラトビア)を、6-3、4-6、6-4、2時間超えの激闘の末に撃破。トーザンは今回の優勝により、世界ランキング70位から52位にジャンプアップした。現在トップ100に入っている2002年生まれの選手は彼女ら3人の他にあと一人、世界56位のマルタ・コスチュク(ウクライナ)がいる。


トーザンとラドゥカヌには年齢以外にも共通点がある。ラドゥカヌは予選勝者として「全米オープン」に出場、1セットも落とさずに初優勝を飾った。トーザンも今年3月に「WTA250 リヨン」に予選勝者として出場し、1セットも落とさずに初優勝を遂げている。


そして二人は「全米オープン」直前に下部大会である「WTA125 シカゴ」に出場。共に決勝まで勝ち進み、そこで勝ったのはトーザンだった。つまりラドゥカヌがプレーした過去15試合で、負けた相手はトーザンただ一人ということだ。


シカゴ大会の後、世界78位だったトーザンは「全米オープン」本戦にストレートイン。1回戦で世界92位のクララ・ブレル(フランス)を7-5、6-0のストレートで破ったが、2回戦で世界女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)に1-6、5-7で敗退した。


デンマークのコペンハーゲンで生まれたトーザンは、6歳でテニスを始めた。13歳でITFジュニアサーキットに参戦し、ジュニア世界1位として出場した2019年の「全豪オープン」ジュニア女子シングルス決勝で、第4シードだったフェルナンデスを破って優勝した。


華々しい活躍を見せる2002年生まれの選手たちの今後が楽しみだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのクララ・トーザン
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2021.09.22 07:00 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY