今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

【インプレッション】YONEX新作!VCOREシリーズ『VCORE 98 / VCORE 100』の違いを解説

2021.08.28|20:00|投稿者: Tennis-Point
【インプレッション】YONEX新作!VCOREシリーズ『VCORE 98 / VCORE 100』の違いを解説

YONEXの人気シリーズである「VCOREシリーズ」から同時にリリースされた
『VCORE 98 / VCORE 100』。同じシリーズで同時期にリリースされた2つのラケットの使用感の違いを、Tennis-Pointエグゼクティブアドバイザー・早川克意さんにインプレッションしていただきました。VCORE 98かVCORE 100で迷っている方がいたら是非参考にしてください。

早川克意(はやかわ かつい)

早川克意(はやかわ かつい)
12歳より本格的に選手を目指しNBTA(現在の荏原湘南スポーツセンターアカデミー)に入会。1991年に荏原湘南スポーツセンターに入社し、ジュニア育成を中心にプロ選手のツアーコーチとしてウィンブルドンなど数多くの遠征に帯同する。
2004年に「有限会社IHSM」を設立。イザワテニスガーデン・テニススクールを開校し、全日本選手権などに出場する選手の育成に力を注ぐ。

VCOREシリーズ / VCORE 98とVCORE 100の特徴

VCORE 100

VCOREシリーズでは、YONEX独自のアイソメタリック形状を毎回採用しており、尚且つ毎回マイナーチェンジを行っています。そのためVCORE 98 / VCORE 100は、横に長くスピンが掛けやすいラケットになっています。
その他にもVCOREシリーズのラケットフレームに使用していた素材「Named」を進化させた「2G-Named Flex Foce」を搭載しており、前回のVCOREシリーズよりもしなり感が増強されました。グリップには振動吸収素材の「VDM」が使われ、オフセンターにあたったときの嫌な振動が抑えられたラケットとなっています。

【VCORE 98 / VCORE 100を打ち比べた感想】VCORE 98とVCORE 100の違い

VCORE 98

VCORE 100はゴールデンスペックなので弾きがいいのかと思っていましたが、実際に打ってみたところVCORE 98の方が弾きがよく、逆にVCORE 100は球乗りがいい印象を受けました。またVCORE 98とVCORE 100の違いとしては、スイングスピードも関係しており、ゆっくりしたスイングだとVCORE 100の方が飛んでいきます。そのため、スイングスピードに自信がない中級者にはVCORE 100の方がおすすめです。VCORE 98ではスイングスピードが上がると、球離れがよくスピンも掛かりやすいので、上級を目指す中級者や上級者におすすめです。

【VCORE 98 / VCORE 100でボレーを打ち比べた感想】VCORE 100は球乗りがよくVCORE 98は球離れがいい

VCORE 100は球乗りがよく、VCORE 98は球離れがいいと実際に打ってみて感じました。そのためゆっくりとしたスライスや持っていくようなボレーはVCORE 100の方が打ちやすいです。VCORE 98は球離れの良さから、パンチを効かせて打つショットが打ちやすい印象。
スイートスポットの位置がVCORE 100では真ん中にあり、VCORE 98では少し上にあるという違いがあるため、VCORE 98を使うにはスイートスポットの位置を理解してボレーを打たなければ難しいかもしれません。

【VCORE 98 / VCORE 100でサーブを打ち比べた感想】決め手はスイングスピード!

スイングスピードが速い方には、球離れがよくしっかりと回転がかかるのでVCORE 98が適しています。逆にスイングスピードに自信のない人は、飛んでいくイメージがあり球乗がよくコントロールのしやすいVCORE 100がおすすめです。
もしサービスでラケットを選ぶのであれば、スイングスピードで選べばいいでしょう。スイングスピードが速い中級から上級者にはVCORE 98、初級から中上級者にはVCORE 100を選ぶのがいいと思います。

【まとめ】VCORE 98とVCORE 100を打ち比べた感想

VCORE 100は、100インチ、300グラム、320ミリメートルのゴールデンスペックのラケットなので簡単に打てると思っていました。打ってみたところ個人的な好みではVCORE 98が良かったです。なぜならVCORE 98は98インチのわりに球離れのよさ、パワーの出しやすさ、スピンの掛けやすさ、面ブレの少なさなど優れていると思ったからです。
VCORE 100は、ゴールデンスペックなのに球持ちがよく、しっかりとラケットにボールを乗せて打つことができます。そのためローボレーでスライスをかけて長くボールを運んでいくショットを打つのに適しています。
 
ストロークはVCORE 100の方がアシストしてくれている感覚があります。VCORE 98は振られたときのリカバリーが苦しい印象があり、フットワークがあり追いつける方はVCORE 98を、フットワークに自信がなくラケットに助けてもらいたい方にはVCORE 100がおすすめです。

VCORE 98とVCORE

100の使用感の違いについて紹介してきました。記事だけでなく動画でも分かりやすく使用感の違いを紹介しているので、動画の方も是非ご覧ください。

※画像参照元:Tenni-Point by(AEON SIGNA Sports United Co., Ltd.) 

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

Tennis-Point
2021.08.28 20:00 投稿者:
Tennis-Point
Tennis-Pointは、試合に勝ちたいあなたを応援します! ■Tennis-Point公式オンラインショップ https://store.tennis-point.jp/ ■Tennis-Pointアプリ https://tennis-point.jp/app

» さらに読み込む Tennis-Point