今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

国際

車いすで退場する選手が出た末に...オリンピックの試合開始時間がついに変更される

2021.07.29|16:00|投稿者: THE TENNIS DAILY
車いすで退場する選手が出た末に...オリンピックの試合開始時間がついに変更される

「東京オリンピック」(日本・東京/7月24日~8月1日/ハードコート)のテニス競技初日から選手たちが訴えてきた暑さ対策に対して、ついにITF(国際テニス連盟)が試合の開始時間を変更した。伊ニュースサイト UBI Tennisなど複数のメディアが報じている。

24日にテニス競技が始まって以来、残念ながら試合の内容よりも暑さや湿度による厳しい環境が話題となっている。そんな中、当初から過酷な環境を批判し、開始時間の後ろ倒しを訴えてきた第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)は、28日の午前11時に始まった男子シングルス3回戦で第15シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦。暑さ対策としてITFが発動した「エクストリーム・ウェザー・ポリシー」を利用してコート外での10分間の休憩を挟み、フルセットの末に準々決勝への切符を手にした。だが、試合中はラケットをテニスコートについて前かがみになるなど苦しい様子が見られ、本人がその時の状況をのちに説明している。


「第1セットからすでに息苦しかったからメディカルスタッフを呼んだんだ。横隔膜が詰まったような感じがして、うまく呼吸ができなかった。この日は今までで一番湿度が高かったと思う。そしたら第2セットでは目の前が真っ暗になって、ポイントの間でどう体調を整えていいかもわからないような状況だったんだ。思わず前かがみになったけど、その姿勢だとうまく呼吸ができなくて、このままコートに倒れ込んでしまうんじゃないかと思ったよ」


第2セットの中盤、心配して声をかけた主審に対してメドベージェフは「大丈夫だ。試合を終えることはできる。でも、その後で死んでしまうかも。もし僕が死んだらITFは責任をとってくれるのかな?」と不満をぶつけた。試合後には「まだ生きてるよ」と、顔を真っ赤にして汗をかいた顔の絵文字とともにTwitterに投稿している。


一方で、女子シングルスではこれまでに4人の選手が試合中に棄権。メドベージェフと同じ日の午後1時に始まった準々決勝では、世界ランキング42位のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)と戦っていた世界29位のパウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)が第1セット終盤に倒れ、歩けないので車いすに乗せられてコートを後にする事態に。明らかに熱中症になっていたバドーサ ジベルトは、その後に控えていた混合ダブルスも棄権することになった。


バドーサ ジベルトはその後「1日目からつらいコンディションだった。なんとか順応しようとしてきたけど、今日は無理だった。みんなが見たように、熱中症になってしまって続けることができなかったの」と述べている。


これらの問題によってようやく動いたITFは、29日からの試合をすべて午後3時以降から開始することを決定した。これまではタイトなスケジュールを理由に選手たちの要望に応じなかったITFは、「28日に行われた5つの種目の試合結果と、勝ち残った選手の規模によって時間の変更が可能となった。これによって選手の健康をこれまで以上に守ることができる」と声明の中で述べた。メドベージェフと同じように積極的に声をあげてきた第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はこの変更を喜び、これまでの経緯や今の心境を語っている。


「僕とメドベージェフ、アレクサンダー・ズベレフ、それにチームのキャプテンたちは今日、スーパーバイザーと話したんだ。カレン・ハチャノフとパブロ・カレーニョ ブスタとも直接話したから、準々決勝に進む選手たちの大半が時間の変更に賛同していたことになる。もちろん数日前にこの決定が下されるのを望んでいたけど、それでも変更になって良かった。バドーサの身に起きたようなことはもう見たくないからね」


「本当に過酷な状況なんだ。文句を言っているだけだと思われるかもしれないけど、暑さと湿度が酷いから他の競技は夕方以降に行われている。だからテニスもそうするべきだと思ったんだ。僕は20年近くプロのテニス選手としてプレーしてきたけど、これほどハードなコンディションを何日も連続して経験したことはないよ。マイアミやニューヨークで1度か2度はあったかもしれない。だけどそれが1日だけだったのに対して、東京では毎日このような状況が続いている。遅い時間に始まることで選手はベストを尽くせるから、今回の決定はファンの皆さんにもメリットがあると思っているよ」


(テニスデイリー編集部)


※写真は、熱中症になって車いすで運び出されたバドーサ ジベルト(中央)
(Photo by David Ramos/Getty Images)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2021.07.29 16:00 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY


OFFICIAL SNS:



関連記事

ウィークリーランキング

関連選手

ダニール・メドベージェフ
ロシア ダニール・メドベージェフ ATP #2
パブロ・カレーノ・ブスタ
スペイン パブロ・カレーノ・ブスタ ATP #16
アレクサンダー・ズベレフ
ドイツ アレクサンダー・ズベレフ ATP #4
ノバク・ジョコビッチ
セルビア ノバク・ジョコビッチ ATP #1
カレン・ハチャノフ
ロシア カレン・ハチャノフ ATP #27
マルケタ・ヴォンドロウソワ
チェコ マルケタ・ヴォンドロウソワ WTA #<500
ファビオ・フォニーニ
イタリア ファビオ・フォニーニ ATP #32
Paula・Badosa
スペイン Paula・Badosa WTA #<500