今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

column

跳弾道ラケット『VCORE』との組み合わせで高弾道・高回転スピンショットを創出する『POLYTOUR REV』!

2021.06.11|17:00|投稿者: 吉田正広
跳弾道ラケット『VCORE』との組み合わせで高弾道・高回転スピンショットを創出する『POLYTOUR REV』!

プロの使用比率が高く、耐久性もナイロンに比べて圧倒的に優れるから、ポリを使いたいと考える一般プレーヤーは少なくないでしょう。しかしいざ、実際に打ってみると、ポリはナイロンに比べて素材そのものが硬質だから、打球感の硬さにさいなまれがち。この問題を、独自の製法で解消したのが、ヨネックス(YONEX)の『POLYTOUR PRO(ポリツアープロ)』です。他にも、飛び、ホールド性、スピン性などに特化したラインアップを展開しています。詳細をチェックします!

分子レベルの操作により、硬質なポリが柔軟に。スピン性能もアップ!

『POLYTOUR PRO』のデビューは、2009年までさかのぼります。それ以前にささやかれていたポリにまつわる評価といえば、素材が硬いから耐久性は抜群。だからインパクトがしっかりしてコントロールは安定するけれど、反面、打球衝撃が腕に響く。スイングスピードの速い、パワープレヤーでなければボールをつぶしてホールドできず、球離れが早く、スピンがかけにくい、といったレビューでした。

これらの相容れない要素を対立させずに、ストリングとしての総合力向上を試みたのが『POLYTOUR』シリーズの出発点でした。ヨネックスはポリエステルを分子レベルで操作する「ハイポリマーポリエステル」を開発。独自の製法と組み合わせることで耐久性を損なうことなく、柔軟性を高める加工に成功したのです。

「SIF製法」によりフレッシュな性能を維持。内部まで浸透した滑剤がさらにスピン性を高める!

『POLYTOUR』シリーズは、さらに進化し続けます。確かにポリとしてはやわらかく、スピンもかかりやすくなりました。しかしその性能が、持続しない。その理由は?

化学素材のシンセティックストリングは、潤滑材として、一般的にその表面がシリコーンオイルでコーティングされています。しかし、表面コーティングされたシリコーンオイルは打球のたびにコーティングが剥がれ、性能が低下する問題がありました。

シリコーンオイルが損なわれると、ストリングスが大きく動いてすばやく復元する「スナップバック」性能が低下し、スピンがかかりづらくなるのです。

そこでヨネックスは、素材開発のエキスパートであるナノダックス社の協力を得ます。「SIF製法」の特許技術を用い、ストリングの内部まで、潤滑性の高いシリコーンオイルを浸透させる世界初となる試みに挑戦。表面が削れてもシリコーンオイルの効果が保たれるため、ストリングの性能が維持されるとともに、スナップバックが一層ダイナミックになって、スピン性能は損なわないどころか、さらなる向上さえ叶えたのです。

SIF製法

「SIF(Silicone oil Infused Filament)製法」は、世界初となるシリコーンオイル浸透技術。一般的なコーティングと違い滑剤が内部まで染みわたり、スナップバック力が減少するなどの劣化を防ぐ。同時に糸の滑り性が大幅に高まり、スナップバックが増大・高速化するため、優れたスピン性能が長時間にわたり持続する

高弾道・高回転が生み出す「武器」としてのスピン!

シリーズの最新モデル『POLYTOUR REV(ポリツアーレブ)』は、跳弾道スピンラケット『VCORE(Vコア)』の最新モデルと同じ時期にリリースされました。フレームとストリングが対となり、高弾道・高回転スピンボールで攻めるプレーを実現するのが狙い。

かつてはスピンといえば、対戦相手を後方へ押し下げて攻め込ませないための、あるいは山なりに打って自分がミスしないための、主には守りの手段でした。しかし『VCORE』と『POLYTOUR REV』のコンビネーションは、高速ショットをベースライン際で急激に落とし、弾ませて攻めるための球種として、スピンを「武器」へ昇華させたのです。

シリーズには、個性的なラインナップが充実。各モデルをピックアップします!

『VCORE』の性能をさらに引き出す『POLYTOUR』シリーズ待望の最新モデル!

跳弾道スピンラケット『VCORE』の性能をさらに引き出すために開発されたストリング『POLYTOUR REV』。8角断面形状と「SIF製法」による優れたスナップバック効果により、攻めるための高弾道・高回転スピンボールを創出します。

ポリだから耐久性が高く、なおかつ 「SIF製法」により性能維持にも優れる最新ハイパフォーマンスモデルです。

POLYTOUR REV 120/125/130

ソフトフィーリングと優れたホールド性を装備する一般プレーヤーにオススメのポリ

『POLYTOUR』シリーズの処女作であり、フラッグシップモデルとも位置づけられるのが『POLYTOUR PRO(ポリツアープロ)』です。ポリの硬質な打球感と、球離れが早すぎる問題を解消するために開発。

腕に優しいやわらかな打球感で、ホールド性も高いため、ゆっくりなスイングでもスピンをかけやすいから一般プレーヤーに幅広くオススメ。ゲージ&カラーバリエーションも豊富にそろっています。

POLYTOUR PRO 115/120/125/130

大坂なおみ使用のガンガン叩けるハードヒッター向けポリストリング

シリーズのなかでは比較的ハードに仕上げられたプロ仕様のストリング。そのぶんインパクトがしっかりとして安定性が高く、名前のとおりストライクを射抜くボールコントロールを可能にします。

耐久性にも優れるため、ガンガン叩いて攻めたいハードヒッターに特に重宝。グランドスラムタイトルホルダー・大坂なおみ使用ストリングです。

POLYTOUR STRIKE 120/125/130

「SIF製法」採用の高速レスポンスモデル

高速レスポンスで素早く弾く『POLYTOUR FIRE(ポリツアーファイア)』。「SIF製法」を駆使し、性能維持と、ダイナミックなスナップバックによるスピン性の向上を実現しました。

個性的なレッドに加えて、125ゲージにはブラックの新色を追加。フレームカラーとのコーディネートを重視したいプレーヤーにも最適です。

POLYTOUR FIRE 120/125/130

5角断面形状でスピン性を重視した西岡良仁使用モデル

西岡良仁が使用する5角断面形状ストリング。そのプレースタイルが体現するとおり、高弾道スピンも、高速パッシングショットも、緩急をつけたチェンジオブペースも、自由自在という出来栄えです。

ブラックのほか、コバルトブルーの鮮やかなカラーバリエーションも用意されています。

POLYTOUR SPIN 120/125

「HRエラストマー」が実現するシリーズ随一の柔軟性

「HRエラストマー」を使用し、シリーズのなかでも最もやわらかく、球持ちの良いストリングとして仕立てられた『POLYTOUR AIR(ポリツアーエア)』。従来のポリエステルストリングに比べて、打球衝撃を約20%吸収するのに加え、たわみ性も約1%アップしました。 

耐衝撃性と反発弾性を高いレベルで両立し、やわらかく軽快な打球感を実現。身体への負担を軽減しながら軽々と飛ばしたいニーズに最適です。

POLYTOUR AIR 125

 

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

吉田正広
2021.06.11 17:00 投稿者:
吉田正広
テニスメディアを中心にギア系の記事を寄稿。書籍、ムック、雑誌、ウェブサイト等の実用コンテンツを手掛ける。メンタル、フィジカル、栄養学、健康医学、リスクマネジメント、仏教等にも親しむ。一般プレーヤーの質問、相談、悩みにも応える。 【編集協力】『泣き笑い! アスリート図鑑』(池田書店)、『在宅避難で役立つ食まわりの知恵から日ごろの備えまで クックパッド防災レシピBOOK』(扶桑社)、『元機動戦術部隊員に学ぶ危機管理トレーニング2』(ベースボール・マガジン社)、『伸びるテープと伸びないテープを使った 最新スポーツテーピング』(マイナビ)、『スポーツのための体幹トレーニング練習メニュー240』(池田書店)、『徹底図解 成果が必ず出る! ビジネス整理術』(日本文芸社)、『バイシクルライディングブック』(ベースボール・マガジン社)、『テニスワンポイントレッスン500』(学研プラス)、『NHK科学大好き土よう塾〈1〉ものごとの不思議とことん解明!』(汐文社)、『1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 体脂肪が落ちるトレーニング』(高橋書店)

» さらに読み込む 吉田正広