今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

column

厚ラケにまつわるすべてのデメリットを払拭した『EZONE』!

2021.06.04|17:00|投稿者: 吉田正広
厚ラケにまつわるすべてのデメリットを払拭した『EZONE』!

球離れが速すぎるから、ボールを持てない、コントロールできない、打球感が硬い。そんな厚ラケにまつわるさまざまなデメリットをすべて払拭したのが、ヨネックス(YONEX)の『EZONE (イーゾーン)』です。つまりボールを持てるから、コントロールできるし、打球感もマイルド。しかもラウンド形状だから、パワフルです! まさにオールラウンドな性能を装備しました。その証拠は? シャープなスイングでパワフルなショットを深く、正確にプレースメントする大坂なおみのプレーが、実地の結果で証明しているとおりです。驚異の最新モデル『06EZONE』について、詳しく紹介しましょう!

厚ラケの宿命だった「球持ちの悪さ、コントロール性能の弱さ」を解消

中厚を含め厚ラケといえば、筋力不足を補うために、かつては中高年や年配のプレーヤーに選ばれる傾向にありました。選手といえば、パワーは自力でまかない、ラケットにはフレーム、シャフトのしなりを生かし、ボールをホールドするコントロール性を求めました。

しかし今はプレーが高速化し、パワーを求めてトップ選手にも厚ラケが選ばれる傾向です。ただしその多くにはラウンド形状が採用されていて、インパクトの衝撃でフェイスフレームが内側にたわみ、フレーム全体でのしなりがなく、球離れが速くなりすぎる欠点があります。

しかも実際のトランポリンで人が弾む場合のイメージで、少し真ん中から逸れると、枠の外に飛び出してしまうコントロールの不安定性も、フレームのたわみが少なく、しなってボールを持てるボックス形状に比べれば、ラウンド形状ならではのデメリットといえました。

この問題を解消したのがヨネックスの「アイソメトリック形状」。スイートエリアが広いから、ボールを面上で長く保持でき、なおかつ真ん中を外しても縦糸と横糸の長さが均等に近いため、安定性の高い返球を叶えます。

しかも近年は、ポイントを締めくくるにあたってより遠くて、高い打点が使われる風潮のため、フェイスのトップ側でたたくプレースタイルが増加しました。そのアグレッシブなウイニングショットの決め方に呼応し、フレーム3時、9時方向を広げた新形状フレームで更にフェイス上部のスイートエリアを拡大し、パワーを生み出す『06EZONE』の際立つ特徴です。

『06EZONE』の新形状フレーム搭載「アイソメトリック」

『06EZONE』の新形状フレーム搭載「アイソメトリック」は広いスイートエリアを確保できるため、オフセンター(ヨネックスが分類するエリア4)でもストリングの変位量が増加してボールをホールドでき、なおかつ安定した返球ができる効果により、ラウンド形状で生じるフレームのたわみ、フレーム全体でのしなりのなさによる球離れの速さ、コントロール性能の弱さを克服した

コントロールとパワーを両立する次世代炭素繊維「トレカ®M40X」

先述したとおり、ラウンド形状ではフレームにたわみが生じてコントロールが乱れやすくなります。だからといっていたずらにフレーム剛性を高め、たわみやねじれを抑えてコントロール性を追求しようとすると、今度は打球感が硬くなり、形状が復元するときに働くキックバックのパンチ力も損なってしまいます。つまり、ラウンド形状のメリットをスポイルすることに。

コントロールを求めればパワーが犠牲になり、パワーを求めればコントロールが犠牲になる相関です。このジレンマを克服するためにヨネックスは、「トレカ®M40X」を要所となるシャフトに使用しました。東レが開発したこの新素材は、従来の常識だと相反する「高強度と高弾性率」の両立を、極限追求した次世代炭素繊維といわれています。

素材として、安定性と弾き性を高いレベルで併せ持ち、結果として、コントロール性とボールパワーの調和を、高次元で実現したのです。

新素材「トレカ®M40X」

シャフトに、強度と弾性率がともに優れる新素材「トレカ®M40X」を使用。従来だとトレードオフの関係だったコントロールとパワーの相反する要素を両立させた

厚ラケでもストレスフリーで打てる『VDM』

フレームの剛性を強化すればするほど、打球時に生じる振動が響きやすくなりがちです。そうするとせっかく球持ちを増やしたとしても、プレーヤーは面のどこで打っているのかを感じ取りにくくなります。もちろん不快振動は、プレーヤーの心身にとってストレスになるのはいうまでもありません。これもせっかくパワーはあるのに、厚ラケが避けられる大きな理由のひとつでした。

ヨネックスは振動対策として、「VDM(Vibration Damping Mesh)」をグリップに採用。一般的に振動対策というと、ゲルが使われたりしますが、分厚くなったり重くなったりするためあまり多く入れられず、そこまで効果的な施策にはなりませんでした。

その点「VDM」は薄くて軽いシート状のメッシュで、グリップに広く巻けるため 、一般的な対策だと成果は数%にとどまるのに対し、従来品に比べて振動衝撃値の11%抑制を実現しました。

もちろん無駄に加重する不都合もないため、ラケット全体としての軽量性を損なう心配もありません。「VDM」が、厚ラケのデメリットを一掃し、メリットだけを際立たせたのです。

振動吸収素材 「VDM」

手に振動が伝わる水際対策としてヨネックスは、特殊なメッシュ状の振動吸収素材 「VDM」をグリップに内蔵。重さや厚みを加えることなく広範囲に使用でき、振動衝撃値は従来比11%抑制を実現した

大坂なおみの『EZONE』も、あなたの 『EZONE』も、同じ『EZONE』

そして強調すべきは、こういった高機能や高品質を実現するヨネックスですが、約50もの工程のなかで熟練工による厳しい管理を経て、選手にも一般プレーヤーにも、同じ製品が提供される点です。

プロとアマチュアのラケットが、別物ではありません。もちろんグリップの太さや、ウェイトをチューニングする違いなどはあるにせよ、公差(工業製品などの個体差として、公式に許容される限界)を除けばほぼ同じもの。これは創業時から息づく物づくりの精神で、ヨネックスはあらゆるプレーヤーに、同じ品質の製品を届けます。

大坂なおみが握っている『EZONE』と、あなたの手元にある『EZONE』は同じ『EZONE』。だから、シャープなスイングでパワフルなショットを深く、正確にプレースメントすることが可能です。フェイスのトップ側を使って攻撃的に打ち込み、ポイントを締めくくるウイニングショットを決めるのも、決して夢ではありません。 しかもそれが、振動フリーでストレスなく達成されます。さぁ、大坂なおみを目指し、テニスを楽しみましょう!

大坂なおみ

男子選手のスピードをしのぐ高速サービスや、伸びのあるストローク、そして正確にコントロールされるリターンなど、大坂なおみのプレーにダイナミズムを与える『EZONE』。それと同じ品質が、一般プレーヤーにも届けられる

長いシャフトでストロークをガンガン打ち込める『EZONE』のフラッグシップ

コンパクトな98平方インチのフェイスサイズでシャフトが長いから、ラケットを振り回してストロークをガンガン打ち込みたいニーズにマッチ。フェイスはシリーズ最小でも「アイソメトリック」の採用により、スイートエリアが広く、ラウンド形状でありながらホールド性にも優れ、正確なコントロールを実現します。『EZONE』シリーズのフラッグシップモデルとして、堂々たる完成度を誇ります。

EZONE 98

筋力的な負担を軽減しながらのびのび打てるライトモデル

『EZONE 98』から平均30gの軽量化を果たしたライトモデルです。ラケットをのびのび振り回すダイナミックなストロークが打ちたいけれど、重いラケットだと筋力的に負担を覚えるプレーヤーにとってのマストバイ。「VDM」の採用により、打球感も快適です。

EZONE 98L

黄金スペックの『EZONE』オールラウンドモデル

100平方インチのフェイスサイズ、300gのウェイトを採用する黄金スペックの『EZONE』。最大26mmのフレーム厚で、パワフルなショットを生み出しつつ、コントロール、打球感も一切犠牲にしないオールラウンドモデルです。中級レベルを中心としたボリュームゾーンに幅広くマッチします。

EZONE 100

女性やジュニアにも選ばれる操作性に優れたライトモデル

黄金スペックのトータルバランスは維持しながら、より軽いウェイトを採用し、スイング時の筋力的負担を軽減したいプレーヤーに選ばれるライトモデル。平均285gまでウェイトダウンが図られた高操作性ラケットです。グリップサイズも0番から用意があるので、手のひらの小さな女性や、ジュニアの使用も想定。軽さのアドバンテージを最大限活用したいニーズに最適です。

EZONE 100L

入門機としてオススメのスーパーライトモデル。カラバリも用意!

人気のフェイスサイズ100平方インチに、スーパーライトモデルが登場しました。軽いから操作性に優れ、なおかつパワーがあって、しかも柔らかな打球感まで兼備。コスメにはシリーズカラーの「ディープブルー」に加え、『EZONE』としては唯一となる華やかな印象の「ホワイト/ピンク」もラインナップ。これからテニスを始めるプレーヤーが選ぶエントリーモデルとしてオススメです。

EZONE 100SL

コンパクトなスイングやネットプレーで強みを発揮するオーバーサイズの『EZONE』

シリーズ最大となる105平方インチのオーバーサイズラケットシャフトが短いため、コンパクトにスイングする年配のプレーヤーや、ネットプレーを多用する女子ダブルス層などには特に重宝。大きな面に安心感を覚えるプレーヤーにも、精神的な一助となります。次世代炭素繊維「トレカ®M40X」 による圧倒的な「高強度と高弾性率」を実感できます。

EZONE 105

大人用へのステップアップモデルとして最適。リーズナブルな価格も魅力の1本

102平方インチで、平均250gの『FEEL(フィール)』。ブランド紹介でも取り上げたとおり、ジュニアラケットから大人用へ一足飛びに乗り換える前のステップアップモデルとして最適です。おもには低年齢層をターゲットに据えているため金銭的負担が軽減され、価格がリーズナブルに抑えられているのも魅力的です。

EZONE FEEL

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

吉田正広
2021.06.04 17:00 投稿者:
吉田正広
テニスメディアを中心にギア系の記事を寄稿。書籍、ムック、雑誌、ウェブサイト等の実用コンテンツを手掛ける。メンタル、フィジカル、栄養学、健康医学、リスクマネジメント、仏教等にも親しむ。一般プレーヤーの質問、相談、悩みにも応える。 【編集協力】『泣き笑い! アスリート図鑑』(池田書店)、『在宅避難で役立つ食まわりの知恵から日ごろの備えまで クックパッド防災レシピBOOK』(扶桑社)、『元機動戦術部隊員に学ぶ危機管理トレーニング2』(ベースボール・マガジン社)、『伸びるテープと伸びないテープを使った 最新スポーツテーピング』(マイナビ)、『スポーツのための体幹トレーニング練習メニュー240』(池田書店)、『徹底図解 成果が必ず出る! ビジネス整理術』(日本文芸社)、『バイシクルライディングブック』(ベースボール・マガジン社)、『テニスワンポイントレッスン500』(学研プラス)、『NHK科学大好き土よう塾〈1〉ものごとの不思議とことん解明!』(汐文社)、『1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 体脂肪が落ちるトレーニング』(高橋書店)

» さらに読み込む 吉田正広