今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

column

ストリングのエキスパート・バボラ(Babolat)による、パッケージ型ハイブリッドの提案

2021.02.19|17:00|投稿者: 吉田正広
ストリングのエキスパート・バボラ(Babolat)による、パッケージ型ハイブリッドの提案

縦糸と横糸が担う役割はある程度決まっていて、適所に適材なストリングを張り分けて配置するのが、ハイブリッドの基本的な考え方です。自分でカスタマイズするのは楽しいもの。とはいえ一般プレーヤーにとっては、縦糸と横糸のどちらに、それぞれどのストリングを張ればいいかを選定するのは、難しいかもしれません。そこでストリングのエキスパートであるバボラが、プレースタイルに応じたパッケージを提案。まずはこれを手掛かりとし、ハイブリッドがいかに優れているかを、圧倒的なパフォーマンスを以って体感してください!

1本のストリングではまかないきれない性能を補うのがハイブリッド

例えば丈夫な耐久性と、やわらかな打球感を、1種類のストリングだけで両方まかなおうとするのは、困難です。耐久性を求めれば、打球感は硬くなり、やわらかな打球感を求めれば、耐久性が犠牲になる相関だからです。

そこで、スピン系のスイングで切れやすい縦糸に丈夫なポリを張り、一方横糸には、やわらかなナチュラルやナイロンマルチを組み合わせて、耐久性を確保しながら、打球感も犠牲にしないのがハイブリッドの一例です。

ほかにも、タッチ感覚を重視するが、反発性は抑えたい。反発性を高めたいが、飛びすぎないようにスピンもかけたい。などなど、ニーズに応じた多種多様なコンビネーションが、しかもテンションやゲージもさまざま工夫しながら試せるところに、ハイブリッドならではの「無限の可能性」があるといえます。

「オールポリ」より耐久性が上がる場合もある「ナチュラルハイブリッド」

例えば耐久性を高めるならば、丈夫なポリを縦と横の両方に組み合わせる「オールポリ」が最強と、一般プレーヤーは考えるかもしれません。しかしそうとも限らない奥深さが、ハイブリッドのユニークなところです。

オールポリは、ストリングが交差する縦糸と横糸との接点で、摩擦熱が高くなりやすく、そのせいでテンションロスを招きかねないから注意が必要。しかしそこへナチュラルを横糸に(あるいは一部トッププロのように縦糸に)持ってくると、天然素材は発熱しにくいので、性能が長持ちすると考えられます。

上記は一例でしかありませんが、ハイブリッドにするメリットは、テニスプレーヤーにとって計り知れません。バボラが組んだエキスパートチョイスの2品番を、以下に紹介します!

ナチュラルの打球感は維持したまま、スピンをかけるテニスがしたい!

今まではナチュラルを使っていたけれど、もう少し反発性を抑えて、スピンをかけながらボールの飛距離をコントロールしたい。そしてスピンをかけるから耐久性は求めたいけれど、それでいて、今まで使っていたナチュラルならではの繊細なタッチや、やわらかな打球感も残したい。

そんな贅沢なニーズには 『RPM BLAST+TOUCH VS』(RPM ブラスト+タッチ VS) のパッケージがおすすめ。カラーも、縦横ともオールブラックで仕立てられるから、シックな印象を醸し出せます。

RPM BLAST+TOUCH VS

ポリの硬質な打球感は苦手だけど、切断による経済的負担は軽減したい!

例えば今まではナイロンマルチを使っていたけれど、最近よく切れるから、ポリへ移行したい。だけどポリの硬質な打球感は苦手なので、ナイロンマルチの快適性はゆずれない。

その上で度重なる切断を回避し、張り替えにより生じる経済的負担を軽減するには、どんなチョイスが考えられるか。学生プレーヤーなどにとっては、典型的な悩ましい、かつ、切実なケーススタディではないでしょうか?

そんなニーズには『RPM POWER+EXCEL』(RPM パワー+エクセル)』のパッケージを提案。シンセティックのコンビネーションで低価格なプライスながらも、ハイブリッドによる打球感と耐久性を両立する高機能パフォーマンスを約束しています!

RPM POWER+EXCEL

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

吉田正広
2021.02.19 17:00 投稿者:
吉田正広
テニスメディアを中心にギア系の記事を寄稿。書籍、ムック、雑誌、ウェブサイト等の実用コンテンツを手掛ける。メンタル、フィジカル、栄養学、健康医学、リスクマネジメント、仏教等にも親しむ。一般プレーヤーの質問、相談、悩みにも応える。 【編集協力】『泣き笑い! アスリート図鑑』(池田書店)、『在宅避難で役立つ食まわりの知恵から日ごろの備えまで クックパッド防災レシピBOOK』(扶桑社)、『元機動戦術部隊員に学ぶ危機管理トレーニング2』(ベースボール・マガジン社)、『伸びるテープと伸びないテープを使った 最新スポーツテーピング』(マイナビ)、『スポーツのための体幹トレーニング練習メニュー240』(池田書店)、『徹底図解 成果が必ず出る! ビジネス整理術』(日本文芸社)、『バイシクルライディングブック』(ベースボール・マガジン社)、『テニスワンポイントレッスン500』(学研プラス)、『NHK科学大好き土よう塾〈1〉ものごとの不思議とことん解明!』(汐文社)、『1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 体脂肪が落ちるトレーニング』(高橋書店)

» さらに読み込む 吉田正広