今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

国内

インカレ女王・阿部宏美の強みは、指導者不在の境遇で育まれた“自分をコーチングする能力”

2020.12.18|06:00|投稿者: スマッシュ編集部
インカレ女王・阿部宏美の強みは、指導者不在の境遇で育まれた“自分をコーチングする能力”

 完璧主義者、あるいは、葛藤の人――。
 阿部宏美と話す時、いつも頭に浮かぶのは、そんなフレーズだ。
 
 高校3年生だった2年前には、インターハイ・シングルスで全国の頂点に立った。翌年には筑波大学の1年生エースとして、同校を初めて“全日本大学対抗テニス王座”へと導く。

 そして今年、彼女は全日本学生選手権(通称インカレ)で、単複2冠を達成した。しかも決勝では、かつて同じクラブにも属した同郷の先輩相手に、1ゲームも落とさぬ圧巻の勝利を収めてである。

 にもかかわらず、優勝後の彼女から、喜びを爆発させるような言葉を聞くことはない。
「納得できる内容ではなかったので」
「理想のテニスには、ほど遠い」
 それらが試合後の常套句。完璧主義者的な気質と理想の高さが、彼女に無邪気に喜ぶことを許さないのだろう。

 阿部が目指すテニスがいかなるものかは、プレーからも見て取ることができるはずだ。

 スピンをかけたフォアハンドでラリーを組み立て、鋭いバックで攻めに転じる。ストライドの大きなサイドステップでボールに飛びつき、巧みにスライディングしながらスライスでボールを返す身のこなしは、高い運動能力を物語る。高低差のあるショットを打ち分け、3次元空間を広く用いるテニスは、男子的と言えるかもしれない。
  ただそのような柔軟なプレースタイルですら、彼女にとっては悩みのタネだ。得意なショットやポイントパターンを尋ねると、「ないんですよ、それが……」とポツリとこぼす。

 憧れの選手も、特にいない。チームメイトや同じ大会に出る選手を見ては、「彼女のサービスフォームはすごくきれいだ」「あの選手のフォアはお手本になる」と参考にするのが、彼女流の上達法だ。

 そのように、自ら工夫しながら高い理想を追う阿部の性質は、矛盾するようだが、エリート街道とは異なる道を歩んだ来歴に拠るところが大きいかもしれない。

 小学生時は、全国大会上位進出の常連だった。だが、中学校に上がった頃にヒジを痛めたことで、既定路線から逸れていく。所属したテニスクラブをやめ、他のスクールに通い始めるも、そこは学校帰りの子どもたちが立ち寄るような“習い事”の場。練習量は大きく減り、そうなれば成績が落ちるのも必然だった。
  ただ、指導者らしい指導者も存在しなかったこの中学生時代が、彼女の“自分をコーチングする能力”を磨く。
「サービスは、どうやればもっとうまくなれるか?」 
「試合には勝ったけれど、相手の子の方が上手だったネットプレーを、自分はどうすれば上達できるか?」

 試合を重ねるたびに課題を見つけ、考えながら答えを追う。足りない練習量は帰宅後に、テニス経験のない母親に手で球出ししてもらいながら、補った。

 そのようなテニスに向き合う姿勢は、自主性を重んじる気風の強い筑波大学でも、大いに役立っているようだ。入学したばかりの昨年は、学業との両立にも戸惑い「テニスが落ちてるような気しかしない」との焦燥感を募らせる。ミスしないことを第一義とする大学テニスの教条も、彼女のなかでは未消化のままだった。

 それが新生活にも慣れた今は、「目標や目的を持って練習できている」という。

 チーム内で一番強い……という立ち位置は、ともするとモチベーションを失いかねない。ただ、そのような環境に慣れている阿部は、「基礎的なことを意識し試合をやりきる」などのテーマを掲げることで、自己研鑽を重ねている。さらに大学の練習環境で大きいのは、インカレ男子単準優勝者で関東学生王者の田形諒平など、男子選手とも手合わせできることだ。
  だからこそコロナ禍で試合や大会がなくなった時も、阿部は「これでじっくり練習できる」と、むしろポジティブに捉えたという。フォアハンドで攻めるポイントパターンを増やし、サービス強化にも取り組んだ約半年を、彼女は「プレーの幅が広がる時間になった」と振り返った。

 大学タイトルをほぼ全て手にした彼女の、次なる進路は……というのは、やや気が早いとは知りながらも、拭いきれぬ問いである。周囲はプロという選択肢も想像するが、本人はこれまで一貫して「自分がプロで通用するはずがない」と、否定的な言葉を口にしていた。

 ところが今、そのトーンに少しばかりの変化が生じている。

「プロで通用すると思ってないですが、あと2年で『テニスをやりきった、これでいいや』って思える段階まで行くかといったら、そうはなれない気もするし。でも実業団に行くとなると、自分は不器用なので、テニスと仕事を両立できるとも思えないので……どうしようって」

 実績や栄誉ではなく、あくまで理想を追うがゆえのジレンマというのが、彼女らしい。

 その舞台がどこになろうとも、「納得できるテニスができた」と言えるその時まで、彼女がコートを去ることはないはずだ。

取材・文●内田暁
 

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

スマッシュ編集部
2020.12.18 06:00 投稿者:
スマッシュ編集部
ニュースプロバイダー
日本で最も愛されているテニス雑誌。レベルアップのためのテクニックや、最新ギア、テニスにかかわる色々な情報を発信します!

» さらに読み込む スマッシュ編集部