今すぐTennis-Pointアプリをダウンロードしよう!

いつでもどこでもテニスを楽しもう!

オフコート

ティームがキリオスと過ごした楽しいアカプルコの夜

2020.11.07|08:30|投稿者: THE TENNIS DAILY
ティームがキリオスと過ごした楽しいアカプルコの夜

テニスの世界ランキング3位のドミニク・ティーム(オーストリア)は、時にテニス界の「悪童」とも呼ばれるニック・キリオス(オーストラリア)のことを「完全にユニーク」だと考えており、数年前一緒にアカプルコで楽しい夜を過ごしたそうだ。Tennis World USAが報じている。

キリオスはテニスの才能で注目されるとともに、数々の暴言やラケット破壊、スポーツマンらしからぬ言動などで多くの批判も浴びているが、ティームは、キリオスはいいヤツだ、と言う。


「キリオスは完全にユニークだから、誰も彼の代わりにはなれないよ。テニス界にあんな人物がいることは幸運だと思う。テニス界の過去にあんな人物はいなかったし、これからも出てこないだろう」


「人は彼を好くか嫌うかどっちかだけど、心の奥では彼は本当にいい奴なんだ。何年か前、アカプルコで夜に一緒に遊びに行ったけど、すごく楽しかったよ」とティーム。


またティームは、昨年の「Nitto ATPファイナルズ」で初優勝寸前までいったのだが、接戦だった決勝をステファノス・チチパス(ギリシャ)に奪われた。「(昨年のチチパスは)すごく進歩したと思う。“来た、見た、勝った”ってやつだね。魅力のある、妥協のない攻撃的なテニスで、あっという間に自らの地位を確立した」


「みんな、あの若々しいプレースタイルが好きなんだと思う。これからもいい試合をしていきたいと思うよ」とティームはチチパスについて語った。


さらにティームは、世界ランキング10位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)にも賛辞を惜しまなかった。


「2019年はマッテオのドリームシーズンで、特にATP1000大会で活躍した。イタリアでの人気はすごいよ。イタリア人はスポーツが好きで、テニスも大好きだからね。だからこそ彼のような選手が出てくることが重要なんだ」


そして世界16位のファビオ・フォニーニ(イタリア)を絶賛。「ファビオはツアーでも最も才能ある選手の一人だと思う。彼はエキサイティングなプレーで観客を楽しませることができる。次に何をやってくるかわからないんだ。ラケットを動かすのがすごく早い。何度か一緒に練習したけど、仲はいいよ」


ダビド・ゴファン(ベルギー)については、そのプレーと共に人柄も賞賛した。「彼はとても物静かで、親切で、人柄がいいんだ。そして試合の相手としてはとてもタフだ、こっちにあまり時間をくれないからね。彼はベースラインからあまり離れず、球をすごく早くとらえて、正確に打つ」


「でも2016年の“全仏オープン”準々決勝で彼に勝った試合は、忘れられないな。その試合に勝って、僕は初めて世界ランキングトップ10に入ったんだ。一生忘れないよ」とティームは結んだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真はキリオス(左)とティーム(右)
(Getty Images)

オリジナルサイトで読む

どう思いますか?

0

0

0

0

0

0

THE TENNIS DAILY
2020.11.07 08:30 投稿者:
THE TENNIS DAILY
ニュースプロバイダー
THE TENNIS DAILYは、株式会社WOWOWが運営するテニスに関するあらゆる情報を発信するサイトです。https://www.thetennisdaily.jp/

» さらに読み込む THE TENNIS DAILY